おすすめ自宅トレーニング器具3選!簡単で激安!ジムの会費より安い

おすすめ自宅トレーニング器具3選!自宅トレーニング
スポンサーリンク

 

悩む人
悩む人

家で筋トレはじめようと思ったんだけど、一体何を買えば良いの?

あまりお金もかけたくないし・・・。

 

タカゲン
タカゲン

お金をなるべくかけずに自宅トレーニングは可能です!

おすすめの自宅トレーニンググッズを解説します!

 

「家にずっといると体もなまってくるし、筋トレしたいな〜」

 

ただ、ジムに行く時間もないし、月々のお金も結構かかる…そこまでマッチョになりたいわけでもない。

そんなあなたにとっておきの自宅トレーニング器具を厳選して3つお伝えしますね。

 

タカゲン
タカゲン

この記事を書いている私は、筋トレを始めて10年ほどになります。また大手ジムのトレーナーとして3年、ジムの支配人を勤めて5年目です。

 

上記の経験を元に解説していきます。

 

本記事を読むと、気軽に自宅でトレーニングを始めることができますよ。

 

スポンサーリンク

おすすめ自宅トレーニング器具3選!

おすすめ自宅トレーニング器具3選!

 

✔︎ 下記の3選です

  • トレーニングチューブ
  • プッシュアップバー
  • アブローラー

 

順に解説していきます。

 

その①トレーニングチューブ

まずはトレーニングチューブです。
トレーニングチューブのメリットは、
・手軽
・低コスト
・怪我の心配無用
・ダンベルと同じようなトレーニングが可能
筋トレYouTuberのKTMさんの動画です。
種目を下記にまとめました。

・ベンチプレス
・フライ
・腕立て
背中
・デッドリフト
・ローイング(ワンハンドも可能!)
・シーテッドローイング

・アームカール(二頭)
・キックバック(三頭)

・スクワット
・レッグプレス
お腹
・サイドベント(横腹)

・サイドレイズ
・ショルダープレス
・フロントレイズ
この動画、驚きの6分半でこんなにも多くの種目を解説しています。素晴らしいですね。

その②プッシュアップバー

続いてプッシュアップバー。

 

上記の商品は「吸盤」がついているので安全に動作が可能!

 

こちらはメトロんブログさん。

 

解説している種目はこちら。

大胸筋
胸の上部
胸の内側
胸の下部
三頭筋
背中
プッシュアップバーって胸のイメージしかなかったのですが、この動画を見ると上記の通り上半身がくまなく鍛えられます。

その③アブローラー

3つ目はアブローラー !

 

SHOフィットネスさんがめちゃくちゃわかりやすく解説しています↓

 

ジムに通う1ヶ月分より安い!

 

上記3つの2020年4月時点のAmazonの価格はこちら↓

 

トレーニングチューブ = 3,699円(星4.3)
プッシュアップバー  = 2,300円(星4.4)
アブローラー       = 2,390円(星4.3)
合計   = 8,389円
ん?ジムに行くより安くない?
私のジムの月会費が1万円ちょっとなのでそれより安い…。笑
もちろんダンベルだったりベンチ台だったり揃え始めると高くなりますが、この3つで十分ですね。

自宅トレーニングのメリット

自宅トレーニングのメリット

自宅トレーニングのメリット①ジムの会費がかからない

 

ジムの会費って「行っても行かなくても」かかるものです。

それにトレーニングの効果があるなし関係なく毎月引き落とされます。

そう考えると、初期投資をし、買い切りでトレーニング器具を揃えるのもありですね。

 

特に「ジムに入会したものの続かなかった」という人には絶大。

 

お金をドブに捨てることなく、運動の習慣を手に入れることができます。

 

自宅トレーニングのメリット②移動時間ゼロ

 

ジムに通う時間って無駄ですよね。

当たり前ですが、自宅トレーニングだと移動時間はかかりません。笑

 

例えばジムまで片道30分かかる場合、それだけで1時間。月に12回行けば12時間です。

その分、読書や資格の勉強もできますし、映画なら6本も観れちゃいます。

 

自宅トレーニングのメリット③適当な服でOK

 

ジムだと人の目もあるので適当な服装だとやりにくいですよね。

その点、家だとパジャマだろうが全裸だろうが、気にせずできます!

 

「着替えるのも準備するのもめんどくさい…」

 

この悩みがなくなります。

なぜなら自宅トレーニングの場合、やるかやらないかだけだからです。

 

しかもすぐにシャワーも浴びることができるので、順番待ちをする必要もなし。

 

ぶっちゃけ、ズボラな人でも継続しやすいんですよね。

 

運動自体が習慣になるように自宅トレーニングを取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

新型コロナウイルスの影響でテレワークや外出自粛が広がっている今、トレーニングの「場所」が失われつつあります。

オンラインパーソナルの需要も伸びて行くでしょう。

 

もちろんジムが再開したらジムに通うのも良いと思います。

 

それでモチベーションがアップする人もいますし、ジムという空間が好きな人もいますよね。

 

ただトレーニング自体は「やる気」と「きっかけ」さえあれば継続が可能。

私も今回の外出自粛とジム休館を受け、自宅トレーニングを開始しています。

参考になれば幸いです。

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました