筋トレのプロテイン摂取タイミング!ゴールデンタイムだけでOK?

筋トレのプロテイン摂取タイミング!ゴールデンタイムだけでOK?プロテイン・サプリ
スポンサーリンク
悩む人
悩む人

筋トレを始めてプロテインも飲み始めました。

プロテインって運動後のゴールデンタイムだけでいいのかな?

他にも飲むべきタイミングがあれば知りたい。

 

こんな悩みにお答えします。

 

結論を先に言うと、プロテインは4つの摂取タイミングがあります。

 

  • 運動後30分以内のゴールデンタイム
  • 就寝前
  • 起床後
  • 間食

 

本記事の内容
  • プロテインの摂取タイミング

  • プロテインは絶対に飲まなきゃダメなのか

 

タカゲン
タカゲン

この記事を書いている私は、筋トレを始めて10年ほどになります。また大手ジムのトレーナーとして3年、ジムの支配人を勤めて5年目になります。プロテインは毎日とってますよ!

 

上記の経験を元に解説していきます。

 

今回は、プロテインの摂取タイミングを紹介します。

実は「ゴールデンタイム」以外にも摂取すべきタイミングはあります。

 

本記事を読むと、プロテインの正しい摂取タイミングがわかるので、効率よくたんぱく質を吸収できますよ。

スポンサーリンク

筋トレのプロテイン摂取タイミング!ゴールデンタイムだけでOK?

筋トレのプロテイン摂取タイミング!ゴールデンタイムだけでOK?

 

筋トレを始めたらプロテインを摂取する・・・。

これって常識になりつつありますよね。

 

プロテイン=たんぱく質のことですが、いつ摂取すればいいのかをまとめました。

 

  • 運動後30分以内のゴールデンタイム
  • 就寝前
  • 起床後
  • 間食

 

順に解説します。

 

プロテイン摂取タイミング:運動後30分以内

 

これもかなり常識になりつつありますね。

 

プロテインの摂取タイミングで1番重要なのが運動後の30分以内です。

 

なぜなら、運動後30分以内というのは、最も筋肉が合成される時間帯だからです。

 

この時間帯にプロテインを摂取することで、より効率的に筋肉をつけることができます。

筋トレが終わったらすぐに摂取できるよう、ジムに行く前にシェイカーにプロテインを入れて準備しておきましょう。

 

因みに1日に摂取すべきたんぱく質の量は筋肥大が目的であれば体重×2倍のグラム数と言われています。

 

 

プロテイン摂取タイミング:就寝前

 

続いては就寝前。

 

なぜなら、寝ている間にも体の中では筋肉の合成が繰り返されているからです。

眠っている時間は人それぞれ違いますが、例えば何も摂取せずに8時間寝てしまうと寝ている間に筋肉を作る栄養が枯渇してしまいます。

 

寝ている間は、それだけで体が回復している絶好のタイミング。

 

この絶好のタイミングを逃す手はないですね。

 

できれば「ソイプロテイン」という種類のものは吸収がゆっくりなので飲むのをおすすめしますが、プロテインの種類を分けるのが面倒であればどんなものでも構いません。

就寝前にはプロテインを摂取しましょう。

 

プロテイン摂取タイミング:起床後

 

就寝前に続いて、起床後もプロテインを摂取する絶好のタイミング。

 

起きてすぐは体の栄養が枯渇しているばかりではなく、吸収率も高い状態です。

 

この時にグイッと一杯プロテインを補給してあげると、全身の筋肉に栄養が補充され、筋肉も喜びます。

 

起床後一杯の水を飲む感覚でプロテインを摂取しましょう。

 

プロテイン摂取タイミング:間食

 

最後に、おすすめなのは間食のタイミング。

 

なぜなら体のアミノ酸濃度を高く保つためです。(筋肉の合成力を高く保つこと)

 

筋トレをしている人にとって空腹は大敵です。

 

空腹状態が続くと、体は筋肉を分解し、エネルギーとして利用しようとします。

せっかくトレーニングしているのにそれはもったいないですよね。

 

食事と食事の感覚が空いてしまうと、やはり筋肉の分解がされやすくなるので、間食のタイミングでプロテインを摂取しましょう。

 

食後、2時間を目安に摂取するのが効果的です。

 

参考記事→【筋トレ】空腹時のトレーニングがNGな理由!摂取すべき栄養も解説

 

筋トレしてる人はプロテインを絶対に摂取しなきゃダメなのか?

筋トレしてる人はプロテインを絶対に摂取しなきゃダメなのか?

 

そもそも、プロテインって絶対に飲まなきゃダメなのか?という疑問ですが、

 

「絶対飲まなくても大丈夫」です。

 

それはなぜなのか?

詳しく解説していきますね。

 

プロテインはたんぱく質だから

 

プロテインは英語で言っているだけで、「たんぱく質」という意味です。

つまり、たんぱく質を摂取すれば筋肉の合成に優位ということですね。

 

なので、食事からしっかりたんぱく質を摂取できていれば、プロテインを摂取する必要はないということです。

 

では食事から取れるのに、なぜみんなプロテインを摂取するのでしょうか?

 

それは、吸収率がよく、多くのたんぱく質を摂取できるからでしょう。

 

ゴールドスタンダードのプロテインを例に説明しますね↓

 

 

このプロテインは私の愛用しているもので、iHerbやAmazonで購入できますが、一杯で24gのたんぱく質が摂取できます。

 

下記は24gのたんぱく質を他の食材に例えた場合です。

 

  • 鶏ムネ肉(皮なし)約110gと一緒
  • 鶏モモ肉(皮なし)約130gと一緒

 

ゴールドスタンダードプロテインは一杯換算すると約88円。

鶏ムネ肉とモモ肉とそこまで値段は変わりませんね。

 

ちなみにコンビニのサラダチキンも大体24gほどたんぱく質が入って200円〜250円。

(そう考えると高いですね・・・)

 

食事から摂取するとなると、調理も必要です。

また咀嚼するので、満腹中枢も刺激されて、たくさん食べるのは厳しいものがあります。

 

その手間を考えるとプロテインの方が便利かもしれません。

 

また、筋トレをしない日に関してもプロテインは積極的に摂取していきましょう。

なぜなら筋トレをしない日にも筋合成と筋分解が行われているからです。

詳しくはこちらの記事で解説しています↓

 

 

食事とサプリ(プロテイン)どっちがいいの?

 

では、食事から摂取するたんぱく質と、プロテインから摂取するたんぱく質はどちらが良いのでしょうか。

 

✔︎食事のメリット

  • 咀嚼したり消化することでエネルギー消費が生まれる
  • ビタミンなどの他の栄養素も摂取できる

 

✔︎プロテインのメリット

  • すぐに摂取できる
  • ホエイプロテインは吸収率も高い

 

こんな感じでしょう。

また、プロテインは加工食品なのでそういった人工的に作られたものが心配って方は食事からでOKだと思います。

 

トレーニーの中には、プロテインは「運動後」のみで、その他のたんぱく質は食事から摂取するという人もいます。

 

一番の決め手は「自分がどっちの方が筋肉がついているか」を実験してみることです。

 

食事でたんぱく質を摂取しているほうが筋肉が発達している!と実感する人もいますので、どちらも試してみて自分にあった方でたんぱく質を摂取していきましょう。

 

まとめ:筋トレのプロテイン摂取タイミングは4つある

まとめ:筋トレのプロテイン摂取タイミングは4つある

 

いかがだったでしょうか。

 

プロテインは今は様々な味が発売されていますね。

 

基本的にはゴールドスタンダードを摂取していますが、思わぬ出会いもあるのでこれからも探究し続けるでしょう。

 

では、良い筋トレライフを!

 

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました