筋トレでプロテインを飲み続けたら肝臓に悪い?心配な方は読めば解決

筋トレでプロテインを飲み続けたら肝臓に悪い?心配な方は読めば解決プロテイン・サプリ
スポンサーリンク

 

悩む人
悩む人

プロテインって飲むと肝臓に悪いってきいたけどほんとかな?

体重の1kgあたり2倍ぐらいタンパク質を摂ってるけど大丈夫…?

 

こんな悩みにお答えします。

 

結論、その程度であれば心配ありません!(ドーン!)

 

本記事の内容
  • プロテインを飲んでも肝臓に悪くない理由

  • 肝臓の役割

  • プロテインを飲む時の注意点

 

タカゲン
タカゲン

この記事を書いている私は、筋トレを始めて10年ほどになります。また大手ジムのトレーナーとして3年、ジムの支配人を勤めて5年目です。私もプロテインは1日3〜4回飲みますね。

 

上記の経験を元に解説していきます。

 

今回は、プロテインと肝臓の関係を紹介しつつ、肝臓の役割・プロテインを飲む時の注意点も併せて解説していきます。

 

本記事を読むと、安心してプロテインを摂取できるようになりますよ。

スポンサーリンク

筋トレでプロテインを飲み続けると肝臓に悪いのか?

筋トレでプロテインを飲み続けると肝臓に悪いのか?

 

筋トレをしている人であれば、トレーニング後や間食にプロテインを摂取している人も多いですよね。

 

そこで今回は、「プロテインを飲むと肝臓に悪いのか?」

 

という疑問を解き明かしていきます。

 

プロテインを飲んでも肝臓には悪い影響はない理由

 

結論を言うと、プロテインを摂取しても肝臓に悪い影響はありません。

なぜなら、科学的な根拠がないからです。

 

ではなぜ、こういう話をちらほら耳にするのか?

 

それは肝臓の役割に関係しています。

 

肝臓の役割

 

肝臓の主な働きは3つあります。 1つ目は、私たちの体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵、2つ目は、有害物質の解毒・分解、それと3つ目が、食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌です。

参考:Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.

 

  • タンパク質の合成
  • エネルギーの貯蔵
  • 有害物質の解毒・分解
  • 消化に必要な胆汁の合成・分泌

 

肝臓の役割は上記。

 

タンパク質の合成や、消化に関係してくる重要な臓器ということがわかりますね。

 

なぜ筋トレしている人がプロテインを飲むと肝臓に悪いという風潮があるのか

 

科学的に肝臓に悪いという根拠はないにも関わらず、なぜこのような噂があるのでしょうか?

 

それは動物実験の結果が悪いことや、肝臓に何かしらの疾患を抱えている人には問題があるからだと思います。

 

肝機能障害を抱えている人にとって、多くのプロテインを摂取し合成を行うことは、肝臓に負担がかかります。

 

ただそれは他人事ではありません。

 

次の章で解説します。

 

肝臓に負担をかけないための、プロテインを飲む時の注意点

肝臓に負担をかけないための、プロテインを飲む時の注意点

 

プロテインを飲むことは肝臓にとって悪いことではない、ということが分かりました。

ただそれは、肝臓が健康な人の場合です。

 

ここでは肝臓に負担をかけないためのプロテインの飲む時の注意点について解説していきます。

 

プロテインを一気に取りすぎない

 

注意点のひとつ目が、プロテインを一気に取りすぎないこと。

なぜなら、一度に吸収できるたんぱく質の量は決まっているからです。

 

一回のタンパク質の摂取の目安は 30g程度と言われています。

 

もちろん日頃からタンパク質を多く摂取し肝機能を鍛えている人や、地獄のようなきついトレーニングを行なっている人はさらに摂取量は増やしてもOKだと思います。

 

しかし、一般的な方が30g以上のタンパク質を一度に摂取しても吸収されず脂肪細胞に変わったりとデメリットがあります。

 

また、1日のタンパク質の摂取量に関しても人それぞれ異なりますので、下記の記事を参考にしてください↓

 

 

体重1kgあたり2.8g以上を毎日摂取するとヤバイ

 

体重1kgあたり2.8g以上を毎日摂取すると 肝臓への負担が大きくなり、やがて、なんらかの肝機能障害をきたす恐れがあります。

上記で述べたように一度に処理できるタンパク質の量は限られています。

一度に多くのタンパク質を摂取すると、肝臓はキャパオーバーとなってしまうのです…。

 

こうならないためにも、摂取量は気をつけないといけませんね。

 

また、プロテインの種類によって体質が合わないという人もいます。

 

アジア人に多い、乳糖不耐症であれば WPC (コンセントレート)に分類されるプロテインはお腹を下しやすくなります・・・。

そんな方は WPI (アイソレート)と呼ばれるプロテインがおすすめです。

 

プロテインの種類についてはまとめた記事がありますので、ぜひこちらもどうぞ↓

 

 

まとめ:プロテインは適切な量を摂取しよう

まとめ:プロテインは適切な量を摂取しよう

 

いかがだったでしょうか。

 

私も以前は心配だったのですが、今回改めて調べてみると、安心してプロテインを摂取できるようになりました。

 

一度に摂取する量に関しては注意が必要なので、こまめに分けて摂取するようにしましょう。

なんでも摂りすぎは体によろしくないってことですね…。

 

因みに、筋トレをしない日にもプロテインは必須です!

 

筋トレは休みでも、筋肉は合成と分解が常に行われています。

量に注意しながら、継続的に摂取していきましょう。

 

では、良い筋トレライフを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました